非接触による検温でウィズコロナも安心
公共交通機関や商業施設での感染拡大を防止

検温さくらさんは、サーモグラフィによる検温機能を搭載しており、非接触で体表面温度を自動測定します。
従来の検温は主に有人対応のため、検査する担当者が新型コロナウイルスに感染してしまうリスクがありました。
サーモグラフィー測定機能により人に代わって検温することで安全に発熱者を発見することが可能となり、
携わる検査官が接触によってコロナウイルスに感染するというリスクを無くすことができます。

画面の前に立つだけ、一切触れることなく検温

AIさくらさんは、画面に一切触ることなく操作ができる「非接触」機能を備えているため、サーモグラフィによる検温の際もディスプレイの前にいるだけで自動で測定を行います。
新型コロナの感染拡大防止のため、駅や商業施設での検温が実施されていますが、対応した検査官がコロナウイルスに感染し、二次感染三次感染が広がってしまうリスクがありました。
検温さくらさんは、検査官の代わりに測定を行うため、接触による二次感染三次感染の心配がありません。

公共交通機関や商業施設で効果を発揮

駅では毎日膨大な数の人の往来があるため改札を通り過ぎる人それぞれの検温をすることは非常に難しく、どうしても感染が広がってしまうリスクは避けられません。特に緊急事態宣言が解除された今、駅を利用する人の数は増えており、新たな感染拡大が心配されています。
そこで駅に検温さくらさんを導入することで、無人で体表面温度の高い人を発見でき、感染源の早期発見につなげることが可能です。
また、商業施設も毎日多くの人が訪れます。特にファミリー層が多いため団体行動が多く、また滞在する時間も長いことから集団感染のリスクがありました。
検温さくらさんなら出入口で施設利用者を検温し、発熱者が建物に入る前に発見して、感染拡大を防止できます。検温さくらさんが、商業施設を利用する方々の安心を守ります。