テレワークさくらさん

AIさくらさんの具体的活用例

セキュアな環境を保ちながら社内問い合わせが対応可能

IP制限を解除して社内にある機器以外からさくらさんにアクセスできるようにしてしまうと企業様の機密情報が漏洩してしまうリスクがあります。
そこでIP制限を解除することなくさくらさんにアクセスできる認証技術を用い、セキュリティを確保しつつ、
テレワークさくらさんを通して社内の情報にアクセスできるようになりました。
そのため、自宅からでもさくらさんにアクセスし業務に関するお問い合わせができます。
万が一、緊急事態宣言が再び発令されすぐにテレワークをしなくてはならないとなった場合でも、自宅から社内の情報にアクセスできるため、
社外秘の情報を一時的に利用するためだけにウイルス感染のリスクを冒して出社をする必要もなくなります。

ビデオチャットでテレワークを支援します

ビデオチャットツールとテレワークさくらさんを連携させることで、さくらさんに問い合わせをしてさくらさんが返答できなかった場合など直接社内ヘルプデスクにビデオチャットを繋ぐことができるようになります。これにより解決できなかった問題についてビデオを繋いで直接担当者に聞くことができ、その場でスムーズに解決することが可能になります。職種上どうしてもテレワークを実施することが難しい企業様でもテレワークさくらさんをヘルプデスクとして導入することにより、お問い合わせ担当者がテレワークをしやすくなるため、出勤人数を削減することで社内感染のリスクも低下します。

ショッピングモールなどの商業施設

ショッピングモールでは日々お客様からの多岐にわたるお問い合わせに対応するため、受付スタッフがテレワークを行いにくい現状があります。
そこで、テレワークさくらさんに業務を任せ、受付を無人にすることでスタッフの在宅勤務を実施しやすくなります。
また、さくらさんは多岐にわたるお問い合わせに対応することが可能です。
なぜなら商業施設への導入事例が数多くあるため、蓄積した大量のお問い合わせデータをさくらさんは既に学習しており、多岐にわたるお問い合わせに対応することが可能であるからです。
そのためもしも施設に関すること以外についてのお問い合わせがあっても、さくらさんはしっかりと対応します。
更に、お客様からのお問い合わせの内、さくらさんが対応しきれなかったものについて、スタッフがビデオチャットを通して自宅から直接お客様とやり取りすることが可能になります。ビデオチャットとの連携により、今までテレワークを行いたくてもできなかった受付スタッフがテレワークで勤務できるようになります。
このように、さくらさんはテレワーク導入支援だけでなく自宅からの業務サポートもいたします。