非接触型AIさくらさん

AIさくらさんの具体的活用例

非接触型AIさくらさんが誕生しました!

新型コロナウイルスの流行により、人々の衛生観念に変化が起こっています。
外出先でドアノブや手すり、エレベーターのボタンなど多くの人が触れる場所を触ることに抵抗感を抱く人も増えています。
やりとりをオンライン上で完結させたり、現金を電子マネーにしたり、オンラインに移行への移行が進んでいます。
しかし、どうしても現場での人と人とのやりとりというものはなくせません。

従来のAIさくらさんはタッチして操作、または受話器を持って話しかける形でした。
それが今回、触らずに操作できるようになり、安心してお客様に利用して頂けるように進化いたしました。

操作方法

非接触型のAIさくらさんは、音声とジェスチャーのみで操作が可能です。
手をかざしていただくとカーソルが出現します。移動させたい場所にそのまま手を動かすだけで操作できます。 また、音声入力ボタンにカーソルを合わせれば、従来通りの音声入力も可能です。 このようにタッチパネルにおける感染リスクを最小限に抑えることに成功しました。

案内業務や受付で

非接触型AIさくらさんを導入して頂くことで、お客様と従業員の感染リスクを減らすことが出来ます。
従業員を危険にさらすわけにもいかないけど、誰かが対応しなくてはならない...。
そのような場面での案内業務、AIさくらさんにお任せください。
AIさくらさんはウイルスに感染しませんので、公共の場に長時間いても、何人と接触しても心配する必要がございません。