イベント・フェスの市場がここ数年伸び続けていることはご存知でしょうか?
フードフェス、音楽フェス、キャンプフェス等々、様々なジャンルのイベント・フェスがあります。

主催者はイベントコンテンツの有志団体や業者だけではなく、
自治会が地域活性化のためにイベント・フェスを開催する取り組みも多くあります。

ただ、市場が伸びているということは、開催されているイベントも数多くあります。
新しくオリジナリティーのあるイベント・フェスを企画しようと思っても、
既出のイベントと同じような内容になってしまう、という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

イベント・フェスとの親和性が高い人工知能接客システム・AIさくらさんを導入して、
誰も開催したことがないイベント・フェスを開催してみませんか?

  • 1)接客スタッフを笑顔あふれるAI連携ロボットに
  • 2)Webサイトやアプリと連携させれば新しいサービスとして使い道がたくさん!

1)接客スタッフを笑顔あふれるAI連携ロボットに

イベント・フェスを運営する際に必要となるのは現場のスタッフです。
規模や会場によっては大勢のスタッフが必要になります。
大勢のアルバイトを集めることや、採用したアルバイトスタッフの管理・統括は大変です。
それに人が大勢いたとしても、全員が同じ働きをしてくれる訳ではありません。

そこで活躍できるのがAIさくらさんを連携させたロボットです。
ロボットを会場の各所に配置することで、
受付等のお客様対応として働いている現場スタッフの人数を削減することができます。
またロボットなので、何人いてもみんな同じ働きをしてくれます。
人件費はもちろん、教育する時間や管理・統括する時間、
スタッフやアルバイト募集の広告宣伝費等を考慮すると、大幅な人件費のカットも見込めます。

他にも、イメージキャラクターにロボット連携をさせると、
そのキャラクターと実際に会話ができるという魅力的なコンテンツとしてもお使いいただけます。

カメラ認証機能を連携させることで、年齢や性別、表情等を認識でき、
それによって内容を変化させたり、データを収集して次のイベントに生かしたりすることも可能です。

2)Webサイトやアプリと連携させれば新しいサービスとして使い道がたくさん!

イベント・フェス運営で重要となるのはWebサイトです。
当日参加するお客さんはもちろん、
参加しようかどうか検討しているお客さんも間違いなくネットで検索を行い、Webサイトを訪問します。
Webサイトの情報の見やすさ、検索のしやすさは、イベント・フェスの集客率に直結していると言っても過言ではありません。

「どこに何の情報があるのかがわからない!」
「検索するのが面倒だから直接連絡しちゃおう!」

そのような理由で電話やメールでお問い合わせがたくさんくると大変です。
あまりに多すぎるとサービス向上のためにやりたいことがあっても、接客の為に使う時間や、動くアルバイトスタッフを確保できない…。
そんな事態になりかねません。

AIさくらさんを導入すると、Webサイトを訪問したお客さんを、
1つの質問で瞬時に知りたい情報まで導いてくれるようになるため、訪問したお客さんを逃がしません!

また、AIさくらさんはありとあらゆるアプリとの連携が可能です。
拡張現実機能(AR)と連携し特定の場所をスマホで読み込むと、限定動画が見られたり、スタンプラリー企画ができたり、
記念撮影用のカメラが簡単に作れたりと使い方はアイデア次第で自由自在です!

人工知能(AI)を利用したイベント・フェス、いかがでしょうか?

AIさくらさんを使えば今まで見たことのないイベント・フェスも実現が可能です!
導入方法や用途のご相談等、お気軽にティファナ・ドットコムまでお問い合わせくださいませ。