現在介護業界で大きな問題となっている、人手不足と高齢者への対応。
対応する人手不足により、働き手のストレスで高齢者への対応がとても悪くなっています。

人手不足を解消し、かつ今後増えていく高齢者への丁寧な対応をすることは、どの介護施設でも大切になってきます。

解決するためには、人工知能(AI)を使い今の問題を解消することができます。

では、どうやって人工知能で問題を解決するのか詳しく解説いたします。

  • 1)高齢者が発する言葉だけで日常の簡単な問題を解決し、働き手のストレスの軽減
  • 2)人工知能による高齢者の日々の行動分析

1)高齢者が発する言葉だけで日常の簡単な問題を解決し、働き手のストレスの軽減

生活する施設に人工知能(AI)を取り入れることで、簡単な問題を解決することができます。

朝、高齢者が目を覚まし体を起こすと、自動で寝室のカーテンが開き、エアコンの電源が入り
「おはようございます!」と高齢者に人工知能が挨拶をしてくれるようになります。

高齢者がテレビのリモコンなどを探さなくても、声を発することでリモコンが無くてもテレビの電源を
入れることができ、音が小さくても声を発することで音量調整もできるようになります。
夜お風呂に入るときでも、給湯器のお湯の温度調整も声だけで調整することが可能になります。

また、人によって好きなお湯の温度や照明の明るさなども調整することができるので、その人だけのオリジナルの設定を
人工知能が調整してくれるようになります。

このように、高齢者が自身でできることを増やすことで、今まで時間の無駄になっていたことを
人工知能が代わりにやってくれることで、働き手のストレスを減らすことができ、負担を軽減することができます。

2)人工知能による高齢者の日々の行動分析

高齢者が住む部屋にはカメラを搭載し、高齢者の行動を常に分析することができます。
どの時間でカーテンを開閉したり、電気を消したり、エアコンの温度はどのくらいに設定しているのかということを
人工知能がデータとして管理しています。人によっては、照明を真っ暗ではなく少しだけ明るくしたいなど
のちのち調整が入ったとしても人工知能が学習し、その人に合った住居空間を提供することができます。

もし、高齢者が通常と違う行動をしたり、仮に倒れてしまった場合でも人工知能が即座に管理者へ連絡をして
高齢者の手助けをすることができます。
これは人が倒れただけではなく、雨漏りをしているところなど部屋に異常が発生しても事前に感知し
管理者に連絡することができるため事故を避けることができます。

今まで常に近くで対応しなければいけなかったという働き手のストレスも解放されますし、管理されている高齢者の
ストレスも軽減することができます。
また、違う担当者になっても人工知能がまとめた日常のデータを確認することで情報共有も簡単にすることができます。

介護をする上で問題となっている人材不足と高齢者への対応について簡単に解説させていただきました。
詳しい内容を聞きたい方や他の問題を抱えている方は、お気軽にお問い合わせください。