マーケティングオートメーション(MA)を活用すれば、
積極的にアプローチしていなかった見込みの低い顧客に対して、
自動的に見込み顧客へとナーチャリングできます。

その結果、営業担当者は見込みの高い顧客だけに連絡を行えばよくなるため、
効率よく売り上げを上げることができます。

ただし、この仕組みを構築するためには、ユーザーの情報を設定して行動に合ったアプローチを設定しなければいけません。
ここが、マーケティングオートメーション(MA)の一番重要な部分です。

そこでティファナでは、「アンノウンマーケテイング(UM)」を行い、
ユーザーの詳しい情報を知ることで、より正確なアプローチを設定できる仕組みを取り入れました。

アンノウンユーザーは約98%

Webサイトに訪れるユーザーの約98%は、「アンノウン(unknown)ユーザー」と呼ばれる、
メールアドレス等の顧客情報を持たない、どこの誰だか分からないユーザーです。
顧客の情報が分からなければ、適切なアプローチの設定が難しくなってしまいます。

アンノウンマーケテイング(UM)を行うことで、アンノウンユーザーを可視化し、
行動分析・セグメンテーションを行い、見込み顧客にするためのナーチャリングを行います。

これによって、今まで知らぬ間に逃がしてしまっていたユーザーを、見込み顧客にすることができます。

sakae_201604_1.jpg

まとめ

これからマーケティングオートメーション(MA)の認知度は加速度的に上がり、
導入が当たり前になってくると思います。

そうしたときに、早い段階でマーケティングオートメーション(MA)を導入して、
ナーチャリングの仕組みを設定しておいた方がよいです。

ティファナはオラクルのゴールドパートナーであり、世界1位のMAツールである「Eloqua(エロクア)」の
導入サポートを行っています。

Eloquaは全世界で2800社以上が利用しています。
オラクルのMAツール導入事例としては、McAfee株式会社では商談へのコンバージョン率が4倍増加、(重複等での)無駄なリード数を35%削減、アドビ システムズ 株式会社では、営業によるフォローアップ率が約2.5倍増加(30%未満⇒70%以上)したという事例があります。

オラクルのMAツールと、ティファナのアンノウンマーケテイングツールを連動させることが可能です。
Web制作会社で、世界1位のMAツールの導入からサポートできる会社はティファナしかいません。

マーケティングオートメーション(MA)についてもっと知りたい方、導入を検討されている方は
是非、ティファナにお問い合わせ頂ければと思います。

関連するサービス

マーケティングオートメーション

Webマーケティング支援