未曽有のコロナ過、飲食店は大丈夫?

こんにちは。突然ですが皆さん食事は好きですか?好きですよね?
世間はすっかりコロナ渦どまんなか。ありとあらゆる企業が未知のウイルスによって経済的な大打撃を受けている昨今、特にのっぴきならない状態に陥っているのがレストランや居酒屋といった飲食店です。
7都府県から始まり、ついに全都道府県にて発出されることになった緊急事態宣言を受け、店舗を構える飲食店はお客さんが来ない非常に苦しい状況に置かれています。2020年4月時点では、以前に比べて売り上げが減少した飲食店が8割を超え、さらにその1割は通常の打ち上げに比べて6割も落ちているといったアンケート結果が発表されるなど、いかに外食産業全体がおおきくダメージを受けているのかが見れとれます。
最近だと、大手焼き肉チェーンの「牛角」をはじめとした数多くの飲食店のフランチャイズ契約を行っていた会社がが破産申請を行ったという恐ろしいニュースまで出てきました。駅近くの立地を多く保有していたが、緊急事態宣言のあおりを受けて外出する人がパタリといなくなり経営再開を待たずして経営がショートしてしまったとのことです。
個人経営の飲食店でも、人の命に係わる暗いニュースをここ数週間で何度も見た気がします。。
それでも、外食産業の方々も負けるわけにはいきません。美味しい料理を提供する飲食店がこのまま無くなってしまうのは悲しいですよね。
外食産業が今後どんなビジネスモデルを取るべきか気になるあなた。今回は、飲食店は生き残りをかけて始めた、新しいサービスについてご紹介したいと思います!

こんな時代だからこそ!外食産業の新しいカタチ

この1か月で、企業のテレワークや時差出勤など働き方にこれまでにない変化が起きたと思います。とくにテレワークは、一日中その気になれば家から出ない状況を作ることもできるビジネススタイルの革新的な動きであると思います。
しかし、そんな中でも人はお腹が空く生き物。いつもなら会社の近くの飲食店に行くところ、今は家の中。自分で作るのもコンビニに出かけるのもなかなかおっくうですね。。
そこでウーバーイーツのような、飲食店の自宅へお届けする所謂デリバリーサービスに対応するお店が急激に増加しています。
単純にウーバーイーツと連携して食品を届けるだけでなく、町内会や地域のコミュニティでデリバリーサービスのサポートを全面協力して、地域全体の飲食店を支える仕組みができつつあるのです。
例えば、宮城県仙台市では、地元の飲食店をバックアップしたいという思いの元、「テイクアウトはじめましたプロジェクトin仙台」というサービスを始めました、このサービスでは今まで店舗で構えていた飲食店がテイクアウトやデリバリーサービスを始めたことを大々的に告知し、さらに食べたいものをサイト上で探せるといったもの。一人一人が感染防止のため家にいることと、経営難の危機に直面しているオーナーのどちらにも魅力になるように、積極的なテイクアウトやデリバリーサービスの呼びかけを行っています。
仙台市以外にも、TwitterやInstagramなどSNSのハッシュタグを活用して、このようなサービスの呼びかけを行っている地域も各地にあります。
つくば市では、「#つく映えテイクアウト」をつけて料理の写真をシェアすることでサービスの大々的な宣伝を、函館市では「#函館テイクアウト」で、函館のお店のテイクアウトやデリバリーを一発で探すことができる仕組みを設けています。
もちろん、始まったばかりのサービスで、まだ試験段階の地域も多々あります。が、3密のそろう飲食店に入るのに抵抗があるユーザーと、何より売り上げがなければ店をたたむことも考えなければならない飲食店にとってこれらの新しい販売形式や情報拡散の仕組みづくりはまさにwin-winといえるのではないでしょうか。

居酒屋チェーンもランチタイムに電撃移籍?

居酒屋_____仕事帰りのサラリーマンたちにとって、これほど魅力的な言葉はありません。
ご存じだとは思いますが、居酒屋は緊急事態宣言のあおりを受けて20時以降の営業を休止するなど、状況はかなり深刻です。
そんな現状を打破すべく、居酒屋もランチタイムにお弁当を販売するなど新しい営業形態を開拓していっています。
たとえば「串カツ田中」。都内でもよく見かけるリーズナブルな串カツと大阪の本格的な味が楽しめる大衆居酒屋ですが、この串カツをランチタイムに特別価格で販売しています。お値段は567(コロナ!)ほかにも唐揚げや焼き鳥といった、居酒屋の定番メニューをお弁当として販売する居酒屋が続々と増えています。
これらの飲食店の取り組みは一時的なものであるか、それとも令和の新しいビジネスモデルになるかまではまだわかりません。しかし、このように環境に適応する商売に切りかえることはどの業界においても必要なものだと考えます。昨今のテレワークの流れと通常出社をハイブリッドで行う企業も増えてくることも今後考えられるので、多方面のニーズにこたえる新しい飲食店のありかたを模索するフェーズが今なのかもしれませんね。