どんどん減少していく人員

人手不足の深刻化により、10年後には東京都人口の4人に1人が高齢者になると予想されています。
中でも、介護福祉業界では、離職者が年間約2万3千人と多くの従業員確保に苦しんでいます。
離職した理由には、「職場の人間関係」「労働に見合う収入ではない」などが挙げられています。

このような問題により、介護人員が高齢者の増加に追いついていないことと、就職のたびに行う新人教育に時間が割かれ、1人当たりの業務量が多くなってしまっています。

従業員を苦しめる夜間業務

介護福祉業界の従業員は、夜間業務に苦しんでいます。
介護は、日中だけでなく夜間の対応もを求められます。
そのうえ、人手不足により日中から働いている従業員がそのまま夜間業務をするなど、1人に対する業務負荷が従

業員を苦しめています。

そんな時こそ「AIさくらさん」が活躍してくれます。「AIさくらさん」は、夜間業務だけでなく、新人教育、高齢者とのコミュニケーションなど人に代わって解決することができ、1人当たりの業務負荷を削減することができます。

上記のような問題を「AIさくらさん」を利用してどのように解決するのかをご紹介します。

1)夜間業務はAIさくらさんで解決!

介護福祉業界の従業員は、夜間業務に悩まされています。

人手不足によることももちろんですが、夜間で起きる簡単なことのためにわざわざ対応することが従業員のストレスになっていることも挙げられます。
そこで、よく発生する業務や質問をAIさくらさんに対応させることができ、業務負担を減らすことができます。

2)必要な時だけに対応

AIさくらさんは、人とコミュニケーションをとることできます。
雑談はもちろん、さくらさんからクイズを出したりして会話をするなど、いつでもさくらさんが会話相手として対応することができます。

また、カメラとの連動で、目の前に倒れた人や表情を読み取って、状況を把握することができます。
緊急対応や人手が必要な時に、アラームを出し、従業員を必要な時に呼ぶことも可能になります。

3)新人教育もAIに!

介護の通常業務他に、毎年の新人教育にも時間が割かれています。
上記のような問題もAIさくらさんで解決することができます。
毎年よく聞かれること、覚えておかなければいけないことなど、わからないことがあれば、「AIさくらさん」に聞くようにすることで、業務にがより生産性あるものになり、業務量削減にも繋がります。

1人当たりの業務量を削減

人材不足や、働き方改革により、業務の効率化を図り1人あたりの業務量を減らし、生産性のある業務に手を回す動きが必要になってきます。
介護福祉業界でも、無駄な労働に時間をかける、時間をかけざるを得ない状況をAIさくらさんが解決してくれます。
さくらさんによる業務削減は、1人あたりの業務量を減らし、従業員はより助けが必要な業務に手を回すことができます。
今回あげた問題を解決できるAIはさくらさんだけです!

「AIさくらさん」で今起きている介護福祉業界の問題を解決しましょう!