介護の現状

毎年、介護の業界では、人手不足が深刻化していると言われています。
厚生労働省がおこなった「職業安定業務統計」によると、2025年には、37万人の介護人材が不足すると予想されています。
東京圏では2025年に介護施設の不足が深刻になり、介護難民が急増するとも言われています。
しかしこれらの深刻な問題は、人工知能( AI )活用すると、ある部分は簡単に解決することができます。このコラムでは、なぜ介護業界がこのように深刻な問題に陥っているのか。また、それらの深刻な問題に対して人工知能( AI )を活用してどのように解決していくのかということをご紹介していきます。

人工知能(AI)とは

まず初めに、「人工知能(AI)」についてご説明します。
人工知能(AI)とは人と同じように物事を考え、成長していく技術のことです。有名なものであれば、A社のアレク〇も人工知能(AI)です。何か質問した際に答えてくれたり、「こんな雰囲気の場所に行きたい」といった際に見合った場所を紹介してくれたりします。

介護業界の問題

では、介護業界がなぜ「人手不足」が深刻化し、介護難民が急増すると言われているのでしょうか?主な原因は少子高齢化です。少子高齢化が進むことにより、高齢者は増えるが介護のできる若者人材が減ってしまいます。
そのため2025年には75歳以上の後期高齢者が急増し、介護や医療、社会保障関連の分野で人手不足や社会保障関連費用の急増など、さまざまな問題が顕在化すると言われています。この後期高齢者の増加は、2025年問題の一つです。に東京都は敷地の確保が難しく、周辺の県に介護施設を作ってきていました。
しかし周辺の県でも高齢化が進んでいるため、このままだと、東京都在住の高齢者を受け入れる余裕がなくなってしまいます。

介護での人工知能(AI)の活用方法

人工知能(AI)と介護業界の問題についてわかっていただいたところで、人工知能(AI)がどのように介護に活用できるのかをご紹介します。

1)対話

ここでの人工知能(AI)役割は会話がメインになります。
会話を行うことで、ストレスの緩和や認知症の予防、記憶力の強化につながると言われています。そこで会話は人口知能(AI)に任せておいて、介護者の方は見守るだけということもできます。また、人工知能(AI)にセンシングカメラを搭載することで、会話をしている相手の顔を認識しながら対話を行うこともできるので、相手の気持ちに寄り添った会話をすることも可能です。

2)見守る

人工知能(AI)はただ会話を行うだけではありません。「カメラ」と連携することもできます。
例えば、深夜に外出しようとした人に対して、「どこへ行くんですか?」と声をかけアラートを鳴らすことで高齢者の徘徊を防止することができます。また、カメラに映った人の表情や脈拍を読み取ることで、利用者の健康状態をチェックすることもできます。

楽しい介護施設へ

「介護をしたことで鬱になってしまった」「介護がつらい」という言葉はよく聞きます。介護というのは体力的にも精神的にも大きな負担を抱えてしまう仕事です。
そのような大きな負担は人工知能(AI)を活用することで、減らすことが可能です。介護を受ける側も介護をする側も気持ちの良い生活に変えていきましょう。