最近、ニュースや新聞などで人手不足の文字をよく目にします。
いまこのコラムを読んでいるあなたも、人手不足でお悩みではないでしょうか?

人手不足の大きな要因として挙げられるのは、やはり高齢者の増加です。
介護現場ではまさに、高齢者増加により利用者が増加し、人手不足の大打撃を受けています。

そんな火の車の介護現場を救う救世主が人工知能(AI)なのです。
このコラムでは、介護現場の人手不足から起きる問題点と、人工知能(AI)での解決策を具体的に説明していきます。

高齢化、人手不足…介護現場の抱える問題は山積み

少子高齢化に伴い、ますます需要の高まる介護現場。

しかし、市場拡大により人手不足が加速し、施設に入りたくても入れない高齢者も多いそうです。
また、介護の業務内容のハードさも人手不足の要因の一つです。

利用者の食事や入浴、排せつ、リハビリ、送迎など、時間と人の手を要する業務が多く、スタッフを募集しても、なかなか人手が集まらないのが現状です。
このまま、高齢化が進む中で何か解決策を打たなければ、さらなる人手不足からは逃れられません。

介護現場の人手不足に人工知能(AI)という救世主

人手不足に拍車がかかる介護現場を救う救世主となるのが、対面接客型の人工知能(AI)です。
人工知能(AI)というと、S社のペッ〇ーくんや、A社のアレ〇サなど個人利用向けのものを想像される方も多いでしょう。

実際、人工知能(AI)には企業ユースで利用できるものが存在します。
その中でも、介護現場で活用できるのが、対面接客型人工知能(AI)です。
では、対面接客型の人工知能(AI)とは具体的にどのようなものなのかをご説明します。

対面接客型の人工知能(AI)っていったい何?

対面接客型の人工知能(AI)とは、人工知能(AI)がユーザーと直接会話をすることで、ユーザーの抱える悩みや問題を解決することが出来る人工知能(AI)を指します。

手前味噌ではありますが、弊社の「AIさくらさん」も対面接客型の人工知能(AI)です。

AIさくらさんは現在300社に導入されている人工知能(AI)で、イオンモールなどの実店舗で、人の代わりとしてインフォメーション業務を行っています。
他にも、ECサイトなどのweb上でのお問い合わせ対応や、社内のヘルプデスクとしても活用されています。

では、介護現場に人工知能(AI)を導入することで一体どんな効果が得られるのかを、次に説明していきます。

介護現場に対面接客型人工知能(AI)を導入すると得られる効果とは?

介護現場に人工知能(AI)を導入することで、以下の効果が得られます。

  • 介護技術のノウハウをAIに教え込ませることで、人にしかできない介護作業に時間を使うことができ、業務の効率化が図れる
  • 職員マニュアルとして使用することで、利用者の対応をスピーディーに行い、時短に貢献する
  • 利用者のカルテをAIで管理し、資料の記入や資料を探す時間を短縮させる
  • 各患者のデータ蓄積を行うことで、療養プランをAIが提示し、職員がプランに沿って、それを行うことで、効率化を図る

このように、対面接客の人工知能(AI)を利用することで、今まですべて人の手で行っていた、リハビリトレーニングや毎日の検診の負担を軽減することが可能になるのです。

もうこれは導入するしかありませんね。

人工知能(AI)を活用することで介護現場の可能性が更に広がる

人手不足に悩む介護現場に人工知能(AI)を使うことで、今まで割いていたリソースを削減し、人手不足解消に繋げることができます。

人工知能(AI)にできることは人工知能(AI)にすべて任せて、人ができる部分を増やすことで、現状の介護業界の問題を解決していきましょう!