昨今、AIチャットボットを導入しているECサイトを数多く見かけます。
簡単な質問ならばユーザーがページ移動を行わなくても、その場で答えてくれるWebサイトの案内人ならぬ案内AIサービスです。
気軽に作成、導入できることから広がりを見せつつあるAIチャットボットですが、
AIチャットボットでは実現できない効果を実現することができれば、競合他社との差別化になると思いませんか?
そこで今回は、人工知能(AI)接客システムであるAIさくらさんができることを、導入・活用例と併せて紹介させていただきます。

  • 1)人工知能(AI)がより自然な会話でユーザーをサポート
  • 2)導入も運用を簡単に。まとめてお任せください
  • 3)使いやすいUXはそのまま。活用方法は多種多様

1)人工知能(AI)がより自然な会話でユーザーをサポート

ECサイトの利点とも欠点とも言えるのが直接接客が行えないという点です。
昨今、AIチャットボットを導入しているECサイトが増えているのも、接客面に力を入れて他のECサイトと差別化を図りたいといった思いからでしょう。
AIチャットボットとAIさくらさんは一見同じような物に見えるかもしれませんが、その性能は全く持って別物です。
チャットボットは登録された内容を返しているだけですが、AIさくらさんは人工知能(AI)であるため、
ユーザーは何を言っているのか?を考え、理解できるまで聞き返しを行い、自分で最適な答えを返すことが可能です。

また、圧倒的な違いとしては、「自己学習をする」点です。学習をしないただのAIチャットボットの場合は、自分たちで
ずっとFAQの追加や修正をし続けなければいけません。
人件費削減のためにECサイトでの展開をしているにも関わらず、そのために別の人件費をかけているようでは本末転倒ではないでしょうか?
AIチャットボットとAIさくらさんの違いについてはこちら

さらにさくらさんなら、業務的な内容だけでなく、雑談やユーモアのある回答もおこなうことができるため、人間と会話をしているかのような使い心地を感じることができます。
どうしても機械的な対応は苦手という方にとっては、自然な会話を行うことができるさくらさんの方が使いやすいですね。

2)導入も運用も簡単。まとめてお任せください。

チャットボットを導入した後、いざ運用になったところでサポートが終わってしまったり、運用中のサポートが
心許なかったり、自分たちでは手に負えなくなってしまったりと、問題が山積みになってしまう可能性があります。

ECサイトの運営はやるべき業務が数多くあり、これ以上は仕事を増やせないという担当者の方もいらっしゃるでしょう。
AIさくらさんならば、月々のランニングコストに運用サポートの分まで含まれているため、面倒なデータ解析や、
解析した結果を元にした改善策の立案・実施なども全て込みでおこなうことが可能です。

また、導入前の基本データの作成や想定までおこなうので、企業側は任せて待つのみ。
これならば自分の時間を導入や運用に割かれることなく、人工知能の社内導入を進めることができますね。

3)使いやすいUXはそのまま。活用方法は多種多様。

チャットボットならば、画面右下隅に専用のポップアップが出てくる、というのが、お約束のUXですが、
AIさくらさんにもお約束のUXが準備されています。
このUXは最新の研究結果を元にしただけではなく、弊社が長年行ってきたWeb制作の結果から作成されているため、
どんなデバイスに導入しても、ユーザーの使い心地は変わりません。
人工知能(AI)と聞くと、なんだか使いにくそうだと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、
そんなことは一切なく、子どもからお年寄りまで幅広い年代の方でも難なく活用することが可能です。
また、UXは同じでも活用方法は多種多様です。
例えば、さくらさん(キャラクター)だけでなく、商品の発送予定日や限定クーポンなども表示させることができるため、
活用する会社ごとの強みやサービスを提供することができます。


ECサイトにチャットボットやAIさくらさんを導入することは、
運営者の負荷を減らしながら、ユーザーの満足度、購買行動を高めるよいアイディアです。
そのせっかくのアイディアを十分に活用するため、また、他のECサイトと差別化したサービスを導入し、差別化を図るためにも、
ぜひ1度、お問い合わせくださいませ。

▼AI接客システム「AIさくらさん」
https://tifana.ai/