昨今のアパレル業界が抱える問題は、2つあります。

1つ目は、労働環境の改善です。
これは、どの企業でも最優先課題として挙げられています。

2つ目は、モノが売れないこと。
根本の原因は、消費者のニーズがつかめていないからです。
セール価格にしても消化率が悪いため、過剰在庫の保管に頭を抱えています。

これらを解決する最先端の技術が、人工知能を使った接客システムの「AIさくらさん」です。

人工知能がアパレル業界へもたらすメリットをご紹介します。

1.販売スタッフの業務負荷を軽減、より良い労働環境へ

2.お客様のニーズをキャッチし、「売れる」商品企画のヒントを

3.AR・IoTの活用で、来店者数アップ

販売スタッフの業務負荷を軽減、より良い労働環境へ

店舗で働く販売スタッフの業務効率化・時短に取り組みませんか?

部下後輩への教育、書類作成ノウハウなどの雑務を
AIさくらさんに肩代わりさせることで働く時間も短縮できます。

例えば、スキルアップに必要な接客ロールプレイングも、
AIさくらさんであれば音声や動画でレクチャーすることができます。

AIさくらさんにあらゆる業務を並行処理させ、人件費削減を行っていきましょう。

お客様のニーズをキャッチし、「売れる」商品企画のヒントを

店舗に訪れるお客様の生の声を知りたいと思いませんか?

AIさくらさんはスタッフと同じように会話しながら接客を行います。

Q「白いニットがほしい」
A「エントランスのトルソーが着用しているニットはいかがでしょうか?20XX年○月、□□店で1番のヒット商品です。 在庫も僅かとなってきましたので、お早めにどうぞ。」

Q「イイかも!このニットに合うボトムスを教えて」
A「リブ素材のワイドパンツがおすすめです。縦長のキレイなシルエットに見せてくれますよ。」

このように、お客様とAIさくらさんが会話した内容は
すべてデータベースの中に保存され、解析することができます。

言わば、お客様との会話内容は貴重な「生の声」ですから、
売れる商品を作るアイデア、ヒントがたくさん詰まっているのです。

AR・IoTの活用で、来店者数アップ

来店者数や滞在率・回遊率の向上に悩んでいませんか?

AIさくらさんは、AR・IoTの最新技術を駆使し、ユニークな顧客アプローチをすることができます。

例えば、「店頭のPOP・チラシ、カタログ」を活用してみましょう。
スマートフォンをかざすと、試着イメージが浮かび上がったり、お得なクーポンが発行されたり購買意欲を促進するアイデアを仕掛けることができます。

1つの商業施設で複数ブランドのテナントを出店している場合は、スタンプラリー形式の仕掛けを行い、クロスオーバーに来店者数アップを図れます。

アパレル業界が抱える問題点とAIさくらさんがもたらすメリットをご紹介しました。
AIを活用して業務改善を行い、店舗のスタッフがいきいきと輝ける環境づくりを実現します。