人手不足や労働年齢人口の高齢化のが大きな課題となっている、
影響がある業界の1つが宅配・配送になります。

顧客のニーズが多様化し、再配達や配送スピード向上など今まで以上のサービスが求められる時代になりました。
そんな状況だからこそ、AI(人工知能)をはじめとしたテクノロジーで人手不足の解消に注目や期待も大きいです。

実際に多様化する消費者の要求に応えきれずパンクしており、時間外労働や効率化の低下となりつつある宅配・配送業界を、AI(人工知能)による調整で救おうという試みが始まっています。

人工知能によって、どう改善されていくのか紹介いたします。

  • 「再配達問題」AI(人工知能)で解決!
  • AI(人工知能)を利用した完全無人物流システムの実現を!

1)「再配達問題」AI(人工知能)で解決!

現在の宅配・配送業界の抱える問題を象徴するのが「再配達問題」になります。

“国土交通省は2015年に、「宅配の再配達の発生による社会的損失の試算について」と題した資料を公開している。
そのなかには、「全訪問回数に対する不在訪問回数」、つまり宅配・配達業者が再配達を余儀なくされるケースが、
全配送業務の19.1%に達するとの試算があった。
5回に1回は再配達。しかも、そのコストや、業務全体の管理を企業側で負担しなければならない。”(引用記事から参照)

この事から宅配・配達業界では消費者のニーズに応えようとするために無理を強いられています。
利用するユーザーも宅配業者の再配達の対応において不満を感じている点をテレビのニュースや新聞で見聞き、または実際に感じた事がある方もいるでしょう。

その課題を人工知能・AIさくらさんで解決する事ができます。

例えば、配達時間や、配送に関するやり取りを人工知能・AIさくらさんに学習させ、宅配業者と顧客のとのやり取りを代わりに行うことができます。
Amazonや楽天などのECサイトの情報と連携させ、支払い代金や業者からの連絡・配達予定日、時間などを自動で発信までを人工知能AIさくらさんが行います。
ユーザーに配達がある事を直接通知する事で、無駄な配送を減らす事が可能になり、宅配業者も顧客の抱える不満も改善できるのではないでしょうか。

また、顧客とのやり取りをするデータが溜まっていきますので、
データを元に各顧客の活動時間を算出しその顧客にあった配達時間の予測を立てる事も近い将来可能になるでしょう。

2)AI(人工知能)を利用した完全無人物流システムの実現を!

日本政府は将来、人工知能を使った完全無人物流システムの実現に前向きです。
これが実現した際には、人手不足が解消し宅配・配送業界の課題が多く解決されるかと思います。
先程の解決策からは飛躍していますが、2030年を目標に、人工知能、ドローン、もしくは自動化された施設・設備を連携させ、顧客が希望する時間帯に配送を可能にする体制を構築しようという計画が立てられています。

その連携される一つに人工知能・AIさくらさんが活躍できます。

対話型の人工知能・AIさくらさんは人と対話しているような会話が可能です。
人との窓口をAIさくらさんは会話でユーザーの目的を聞き出す事で、満足度が高い状態で注文から配達まで、全てを自動化することにより、人の手を使わずにサービスを提供が出来る日は遠くないでしょう。
日本人に限らず、外国人の対応もできます。

人工知能を利用した戦略は、少子化などによる日本の抱える問題に対し、を防いだり、新たな流通・配達ビジネスを助ける鍵になるでしょう。

以上、宅配・配送業界の課題解決ついて人工知能がどのように解決できるかご紹介いたしました。
もし、詳しい話を聞きたい方は、お気軽にお問い合わせください。