売る人・買う人・作る人・使う人、あらゆる人たちに影響を与える人工知能(AI)ですが、今回は「使う人」にフォーカスして、
自動車業界で人工知能(AI)がどのように使われているのか、そして今後どのように使われていくのかをみていきたいと思います。

  • 1)AIが安全運転をサポート
  • 2)AIがドライバーの判断をサポート
  • 3)AIが自動運転をサポート

1)AIが安全運転をサポート

既に多くの自動車メーカーから発売されているものとして、衝突防止機能や自動駐車機能があります。
衝突防止機能では、人の明らかなミスや過失を回避するため、AIが使われています。
また、自動駐車機能では、人が不得手と感じがちな行為を安全迅速にAIが代わって行っています。

2)AIがドライバーの判断をサポート

運転中のドライバーが適切に判断できるよう、AIが必要な情報をドライバーに提供します。
車の位置情報と、通過している地域のデータベースを組み合わせることで、例えば「おいしいお蕎麦屋さんを教えて」
とAIに依頼すると、AIは「食べログで4.5の評価を得ているお店が近くにありますので、そこまで誘導します」
と答え、ナビに行きかたを表示します。

3)AIが自動運転をサポート

自動運転技術は各社が競って開発中の分野ですが、独アウディ社がレベル3という特定の条件下における自動運転
モードを搭載した車を発表しました。最高レベルは5で、ドライバーがいないことを前提とする完全自動運転に
なります。完全自動運転が実現すれば、交通事故や違反車もなくなることから、より安全により早い物流世界が
実現することでしょう。

3~5年後には、完全自動運転技術が確立されるといわれていますが、その一方で注意しなければならないのは
セキュリティです。完全運転の実現と同時に、車はインターネット通信機能をもつことになりますが、
車が悪意の第三者にハッキングされると、安全迅速な車は人命を脅かす凶器に変貌します。
セキュリティ面もしっかりとした評価が必要になります。