education_03.jpg外国語を勉強するために最も有効なのが、語学留学と言われています。
しかし、留学するためには多額の費用やまとまった期間が必要となり、手軽とは言えません。語学を学びたい多くの人は、駅前の英会話スクールやビデオチャットを応用した、自宅での英会話スクールを利用するケースが多いです。

また、英会話スクールを運営するには、ネイティブな講師が1対1で教育する体制が必要です。人材不足が叫ばれる昨今、運営者にとっては講師の確保が大きな課題の一つになります。

利用者にとっては、語学勉強するための時間がある程度必要であり、ビデオチャットの場合でも時間の制約があります。そのため、あまり時間が取れず、途中で勉強をやめてしまう人も多いと思います。

・運営者にとっては、講師の確保
・利用者にとっては、時間の確保
が語学を勉強するための大きな課題であり、
その課題を全て解決できるのが、人工知能(AI)の活用になります。

  • 1)人工知能(AI)でリスニング力のアップ
  • 2)人工知能(AI)で正確な発音を身につける
  • 3)人工知能(AI)ならいつでもどこでもeラーニング可能。習慣的に英語の勉強ができる

1)人工知能(AI)でリスニング力のアップ

人工知能(AI)の音声合成(発音)技術は、訛りの少ない綺麗な発音をします。
聞く事から始まる英会話の勉強では、この事は大変重要です。
正確な英語を聞くだけでも勉強になります。
例えば、日本語で質問して、英語で答えてもらう事を繰り返すだけでも英会話の上達につながります。
また、通勤時など空いた時間に、日本語で質問して、英語で答え聞くことで、リスニング力は確実に上達すると思います。

2)人工知能(AI)で正確な発音を身につける

聞く事を勉強した後は、話すことも必要です。
英語では、日本語にない声域があり、日本人が英語の取得で苦労する理由の1つです。
また、音声入力は、正確なため、間違った発音では認識されません。
つまり、人工知能(AI)に話しかけるには、正確な発音が必要になります。
例えば、人工知能(AI)から英語で質問をしてもらい、英語で答えることを繰り返すだけでも英語上達につながります。
また、人工知能(AI)ならその人の苦手な発音を理解して、その発音が多い回答になるように質問を続けることが出来ます。

3)人工知能(AI)ならいつでもどこでもeラーニング可能。習慣的に英語の勉強ができる

AIさくらさん(絆)の人工知能(AI)は、インターネット経由のサービスなため、スマートフォンなどインターネットの閲覧できる環境があれば、場所や時間は問いません。
また、ビデオチャットのようにレッスンの予約や時間的制約はないので、24時間365日、家事の合間や仕事の隙間時間でeラーニングが可能です。

日頃から人工知能(AI)の音声合成(発音)技術で、日本のニュースを英語で読んでもらったり、空いた時間で人工知能(AI)と英会話することで、日常で英会話の環境を作ることも可能です。
つまり、語学留学と同等の環境を人工知能(AI)を介して作ることが可能です。

人工知能(AI)を英語講師の代わりにすることで、リスニング力のアップ正確な発音を身につけることが出来ます。
また、インターネット環境さえあれば、日本に居ながら、語学留学と同等の環境が作ることが出来ます。