日刊工業新聞に「Rizbell 社会貢献プログラム」の記事が掲載されました。「Rizbell 社会貢献プログラム」は、日本人や日本にいる外国人の方の命を守るため、音声合成技術を無償で提供するプログラムで、ティファナ・ドットコムが窓口となり提供しています。

 

「Rizbellの社会貢献プログラム」は、日本人や日本にいる外国人の方の命を守るため、音声合成ファイルを無償で提供する
プログラムです。

総務省、内閣府、観光庁が連携して立ち上げた「情報難民ゼロプロジェクト」は、日本人や日本にいる外国人に対して、
自然災害が発生した場合災害情報が確実に届けることを目的の一つに掲げています。

このため、地方自治体や公共団体は日本にいる外国人のために多言語での対応が求められるようになりました。
しかし、多言語に対応した通訳を手配するのは容易ではありません。

そこで、音声合成トータルソリューションであるRizbellをより多くの方に使っていただきたい、お役立ていただきたいと
思い、今回のプログラムを提供することとなりました。

「Rizbellの社会貢献プログラム」では、プログラム提供期間中(2016年11月1日~2017年3月31日)、
「災害警報」「緊急警報」のアナウンスファイル(音声ファイル)をRizbellを使って無償で作成できます。

今後も、Webのプロフェッショナルという立場で多くの企業の売上や取り組みに関わることで、多種多様な企業のCSR活動の取り組みをお手伝いできると考えています。