なぜ、さくらさんが面接する必要があるの?

採用担当者と応募者には「限られた時間の中でしか選べない、決められない」という制約が存在します。
そのため、お互いに十分な理解ができないまま採用・承諾するというミスマッチが起きるのです。
これからの採用活動は「面接」ではなく「面談」を軸とし、企業が求める人物としっかり向き合える環境を整えることが必要です。

AI面接さくらさんが採用プロセスにおける一次選考・面接を最適化することで
採用担当者、応募者が抱える課題を解決いたします!

0101
AIさくらさんによる適正診断。
双方のミスマッチを早期に発見!

応募者が自社の求める人物像であるか可視化することができます。企業に対する志望動機や自己のPR、一般常識、エンゲージ適正、語学能力、判断推理力など多面的・多角的に求める人物像であるかを確かめます。

0202
独自の設問を学習。
職種・勤務地別の面接にも対応

100社あれば100通りの面接フローが存在しますが、応募職種に応じた面接設計にも柔軟に対応できるため、多職種の企業でも職種に応じた対応ができます。また、さくらさんには予め自社独自の設問を学習させることも可能です。

0303
一次面接から二次面接までのリードタイムを短縮。
有力な候補者の日程調整も自動化

応募者の数だけ面接の日程を調整する必要があります。応募者の適正に合わせた面接官の日程調整をさくらさんが自動で調整いたします。アプローチしたい人材の予定を時間問わず、最速で押さえることが可能です。

0404
面接内容はすべてデジタル処理、AIが自動採点、
ペーパーレス化を実現。

選考に必要なエントリーシート、基本情報の収集といった作業もすべてオンライン上で対応可能です。
応募者の負担も減らすことで、面接の機会を増やし、母集団形成を効率的に行います。

0505
新卒・中途・アルバイトをすべて一元管理。
採用ツールのスリム化・コスト削減可能

採用管理をアナログやデジタルなど様々な方法で行う必要がなく、すべてさくらさんの中だけで完結させることが可能です。これにより、煩雑な作業がなくなり、採用にかかる全体予算の見直しにも貢献することができます。

0606
面接で蓄積したデータを自動で
解析・学習・設問に反映

面接を通じて得られたデータをAIが自動で解析、解析した結果をAIが学習し面接時の設問に反映します。
データの蓄積を重ねることでAIはさらに賢くなり、最適な設問による面接対応を実現します。