ティファナが考えるPDCAとは?

作って終わりではない。
コンバージョン率を上げるためには、PDCAが必要

今までのWebサイトは、リニューアルするとコンテンツを更新しながら、そのまま数年放置しがちでした。しかし、ユーザーの情報収集テクニックや行動様式が多様化し、スピードが求められている今、Webサイト側が日々進化しないことには、見込み顧客をリアルユーザーにすることはできません。

自社のWebサイトを最新状態にしておくことで、広く門を開け、通りすがりの人を、自動的に顧客に変えてくれるしくみが、FURUMAI です。FURUMAIを導入することで、自動的にサイト分析を開始し、人工知能 (AI)がWebサイトの大量データを自動分析します。サイトの問題点を洗い出した後、ティファナのWebコンサルタントが改善提案を行います。

 

この「サイト自動分析」→「問題点の改善実行」→「コンバージョン率アップ !」というPDCAを手をかけずに行えるからこそ継続でき、結果としてユーザーを呼び込めるWebサイトになるのです。FURUMAI を導入すれば、一度訪問してくれたユーザーをみすみす取り逃がすことはありません。

PDCAの流れ

小規模な改修と効果検証を短期間に多く繰り返す事によって、
従来のWebリニューアルにおけるコストや開発期間、公開後のダウンタイムなどのリスクを最小限に抑えながら効果を発揮することができます。

  • 初期設定
    対象Webサイトへのタグ設置、および管理画面の設定を行います。
  • データ分析&提案
    蓄積されたデータの中から、訪問ユーザーの興味キーワードや行動履歴を分析し、
    分析結果に基づいた改善のご提案を行います。
  • サイト改善ステージ
    ご提案に基づき、CTAの設置やページ改善、コンテンツ切り替えなどの改修を行います。
  • コンテンツ実装・効果検証
    改修後の効果検証を行います。ここで新しい課題が見つかった場合、次のPDCAサイクルの改善項目として
    ご提案させて頂きます。

ページトップに戻る