SDGs達成に向けた取り組み

業種業態のかたよりなく、様々な場面で利用可能なAIさくらさん。 AIさくらさんによるSDGs達成に向けた取り組みをご紹介いたします。

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されました。 発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

AIさくらさんが従業員の
こころの相談窓口を担います

従業員同士の人間関係や精神的なストレスが起因により、業務の効率化や生産性の向上が十分に進まないという課題。特に最近では、職場内でのパワハラ・セクハラによる精神障害、長時間労働による過労死が労災認定へと発展するケースも少なくありません。このような状況を受け、「AIさくらさん」にヘルスケアの能力を持たせることですべての企業で働く従業員の健康管理に貢献していきます。 その他にも、性別や年齢、障がい、人種、民族、文化、LGBTに対する不平等や差別をなくすために、「AIさくらさん」を通じて悩みを抱えている人への相談窓口を設ける取り組みをいたします。

教育現場の負担軽減と
言葉の壁を取り除く

教師の業務量が多いことで、生徒一人ひとりの習熟度合いに応じた教育が出来ていないケースがあります。さくらさんは一人ひとりの課題に応じた勉強法を教えることが出来、生徒にとっても自分にあった勉強法を身につけることが出来ます。また、世の中では言語の壁によってうまくコミュニケーションが取れないことで職場内の研修でも負担がかかるケースも少なくありません。そこで言葉が通じないことでの学習の差をなくすため、さくらさんが間に立って言葉の壁を取り除くことに取り組んでいます。

さまざまなデータやシステムを
繋ぎ合わせることで新たな価値を創造

企業に存在しているデータの集計や分析業務などをさくらさんがすべて一手に引き受けることで、高精度なマーケティング活動が可能になります。お客様の声から、クレームの種や商品開発のヒント、顧客ニーズといったものを可視化しながら企業の成長に必要な情報を最短で導き出します。

また、さくらさんに寄せられる質問は、すべてクラウド環境の中に蓄積され今後の精度向上のための学習データとして活かされ続けています。どんな言葉であっても正確に聞き取り、的確な回答をすることで、人が困ったときの解決手段とした役割をAIさくらさんは担っていきます。

AIさくらさんを通じて
テレワークによる雇用創出にも貢献

働き方の多様化も今後ますます進んでいくことが想定されています。近年では自然災害による被害も多く、都市部では交通機関が使えずに出勤が出来ないなど、サービスを提供する企業にとっては支障をきたす問題も発生することが増えてきました。一報、地方圏では勤務エリアによってなかなか働き手が集まらない問題も数多くあります。

AIさくらさんは持続可能なまちづくりに貢献するため、どのような状況であっても24時間稼働しながら案内や接客のサービスを提供し続けます。また、AIだけでは解決出来ない問題は遠隔地で働けるスタッフに情報を引継ぎながら困っている人と働くスタッフの人たちの橋渡し役として担う取り組みを推進していきます。

AIを通じた災害情報を多言語で提供

日本は世界の中でも自然災害が特に多くその中でも地震、洪水、土砂崩れなどは時として広範囲で甚大な被害を引き及ぼします。それでも世界に向けては「BOSAI」という和製英語を発信しながら災害に備え、復旧までを考える日本の仕組みを盤石なものにしていくことは将来を見据えたとき、日本全体の国益にもつながる大事な取り組みでもあると考えています。

このような背景から、さくらさんの導入企業では、ただ実務をこなす機械ではなく緊急時にも人びとを救う取り組みにも着手し始めています。災害が発生した際には、どこで何が発生しているのか、避難するための場所を日本語のみならず多言語でもアナウンスし、人びとがすぐに状況に気付いてもらい安全に誘導するための役割を担います。

さくらさんが目指すもの