COLUMN

TOP > AIコラム > 働き方改革 > 商業施設のインフォメーションをAIさくらさんが担う!
商業施設のインフォメーションをAIさくらさんが担う!

商業施設のインフォメーションをAIさくらさんが担う!

働き方改革

2019年02月20日

Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読

東京にはたくさんの商業施設があります。
休日にはそういう場所にお買い物や遊びに行く人々が大勢います。
商業施設には多数の方が一度に訪れるのでインフォメーションなどの業務に大変負荷がかかります。
これらの問題を解決する最先端の技術が人工知能(AI)を使った接客システムの「AIさくらさん」です。
本コラムでは、「AIさくらさん」がどのように商業施設の問題を解決し、業務負荷を軽減できるのかをご紹介いたします。

商業施設の問題点

商業施設には次のような問題があります。
・入っているお店が多く、どこに何があるのかわからない。
・インフォメーションでの外国の方の言語対応が難しい。
・商業施設を訪れる人が多く、店員さんが足りなくなってしまう。
インフォメーションでは多くの方に対応できるように人員を多く配置しておかなければいけませんし、多言語対応もする必要があります。
そのため、常に人手不足になってしまします。
また、この商業施設には何がどこにあるのかを把握しておく必要があり、聞かれたときにすぐに答えられるようにしておかなければならないそうです。
これらの問題を解決してくれるのが人工知能(AI)です。

AIを導入することでのメリット

実際に人工知能(AI)を導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。
前述にあった問題点をどう解決するか一つずつ見ていきましょう。

AIさくらさんについて

説明に入る前に弊社サービス、AIさくらさんついて説明致します。
AIさくらさんとは、対話型接客AIです。多言語に対応していて音声会話による接客を行います。

入っているお店が多く、どこに何があるのかわからない

商業施設には多くの店舗が入っています。
初めて訪れた方にはどこに何の店舗が入っているのかわかりません。
AIさくらさんであれば、目的の店舗までの道順をアニメーション付きで説明することができます。
アニメーションを使って教えるのでわかりやすく案内できます。

インフォメーションでの外国の方の対応

日本を訪れる訪日外国人の方が多く、商業施設を訪れる人も少なくありません。
インフォメーションでは訪日外国人の方の対応をするために複数の外国語が話せたりしないといけません。
AIさくらさんを導入することで、AIさくらさんがインフォメーションスタッフに代わって多言語で対応できるの、通訳も不要ですし、で店員さんの業務軽減につながります。
主に、英語・韓国語・中国語に対応しているためその国にあった言語で対応することができます。
音声とともに文章やアニメーションでも説明できるので分かりやすく案内できます。

人手不足を解消

多くの方が商業施設を訪れるため、すべての方に対応するには多くの人員が必要になります。
人を増やすにしても人件費が多くかかってしまいます。
そこでAIさくらさんであれば、多くの人件費をかけずにインフォメーションの部分を担ってくれます。
AIさくらさんはデータの共有ができるので各フロアで同じレベルの接客が可能です。
また、多言語対応やアニメーションを使って説明できるのでわかりやすく案内できます。

人工知能が顧客満足度をアップ

AIさくらさんは、導入することで商業施設のインフォメーション対応業務を担い、人間の業務負荷を軽減してくれます。
また、同じレベルの接客をすることができるのでお客様にも満足していただけます。
東京の商業施設でAIさくらさんを見ない日はないというようになるでしょう。

Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
関連コラム

AIさくらさんについての
お問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、
導入を検討したい、
詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。