MAKER

TOP > 利用シーン > 製造・流通 > 【人工知能(AI)×製紙】製紙業界の海外進出をAIさくらさん(キズナ)がサポート
【人工知能(AI)×製紙】製紙業界の海外進出をAIさくらさん(キズナ)がサポート

kizuna_kakuta_pulp_161119.jpg

AIさくらさんの多言語対応機能で、製紙業界における海外市場への進出と、新たな需要創出をサポートします。

<効果・メリット>

  • 1)「言語の壁」を多言語対応で解決、スムーズに海外進出できる
  • 2)音声入力対応で時間も人員も削減

1)「言語の壁」を多言語対応で解決、スムーズに海外進出できる
製紙業界ではここ数年、日本の人口の減少や、各種デバイス・インターネットの普及によるペーパーレス化の加速などの要因により、日本市場での紙需要が頭打ち状態と言われています。
そこで注目されているのが、海外市場への進出です。こういった現状の中、実際にいくつかの大手製紙会社はすでにアジアを中心とする海外市場への進出を果たしていますが、製紙業界の海外展開はほかの業界に比べて遅いと言われています。現状を打破する為にも海外市場への進出をスムーズに行うことが課題とされています。

そこで、海外市場への進出を手助けできるのが人工知能(AI)接客・窓口システムAIさくらさんです。
海外進出の課題の一つに「言語の壁」が挙げられます。AIさくらさんは、日本語以外にも英語・中国語・韓国語に対応しているため、メインの海外市場と期待される中国を中心としたアジア圏や、アメリカ・欧州にも対応可能です。

2)音声入力対応で人員も削減!
AIさくらさんを企業のWebサイトや営業担当者のデバイスに組み込んでしまえば、それぞれの国の言語に適した対応が可能になります。聞きたい事をテキストで入力することも可能ですが、前述の言語であれば音声入力にも対応しているので、聞きたい事をデバイスに向かって問いかけてもらうだけで海外のユーザーの悩みを即座に解決します。
英語や中国語だと難しい説明も、AIさくらさんに覚えさせてしまえば全部AIさくらさんが対応してくれます。

AIさくらさんについての
お問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、
導入を検討したい、
詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。