グローバル化の加速に伴い、世界的に航空機で移する人口の増加が止まりません。

LCCの増加もあって航空機は高価な乗り物というイメージもなくなりました。

しかし運賃が安くなったとしても、航空機を利用するまでには、チケット購入から搭乗までに沢山の手続きや検査があって、準備することや覚えておくことも多くて
ユーザーにとっての負担がまだまだ大きいと言えます。

そんな大変なことを人工知能のサポートによって、
誰でももっと簡単に利用できるようになれば、航空機利用者の増加が望めます。

  • 1)チケット購入を人工知能がサポートできます
  • 2)搭乗までも人工知能がサポートできます

1)チケット購入を人工知能がサポートできます

航空機のチケット購入は、電車の切符のように簡単ではありません。
そのため航空会社に電話やWebで問い合わせをする人はとても沢山います。
複雑な手続きをどのように進めればいいのか、進めたはよいけれど間違いはないのか、不安になる人も多いようです。

荷物は何を持ち込めるのか?
空港には何分前に到着するのが良いのか?
持っていくとオススメのものはあるのか?

コールセンターではこのような顧客の疑問に繰り返し答えていることでしょう。
さらに言うと、毎回同じような回答をしているはずです。

こんな、同じ回答を繰り返し行うことは人工知能が最も得意とするところです。
日々コールセンターで行われているお客さんからの質問と、その回答を人工知能に覚えさせて、担当者の代わりに答えることができます。
人工知能は電話回線の混雑でお客さんを待たせることはなく、的確な回答を同時に何人にでも返せるので、コールセンターの人件費削減に大きく貢献します。
同じような繰り返し対応は人工知能に任せて、担当者は特殊な事情の対応に専念することができるようになります。

人は、より高度な対応に注力でき、簡単な質問はAIでより多く対応できるようになることで、顧客満足度を格段に高めることが可能です。

2)搭乗までも人工知能がサポートできます

お客さんには空港に到着してからも、やることが沢山あります。
荷物検査にチェックイン、どこのゲートから飛行機が飛ぶのかなど事前に調べたり、空港に到着してから地図を見たりしています。空港の広さに戸惑ったり、初めてのフライトの前は特に不安だったりします。
そのためインフォメーションセンターにはいつも複数の担当者がいて、沢山の質問がされていると思います。

これも大部分を人工知能が担い、受け答えすることが可能です。
施設の場所や特定の決まりごとについて固定の回答を繰り返し答えるという作業は、人工知能が最も得意な分野です。
さらに、人工知能は言語に縛られずに対応ができるので、様々な国の人がいる空港では非常に有効と言えます。複数言語を理解して話せる人は希少ですが、人工知能は同時に複数人に対して複数の言語で受け答えすることが可能です。

既に世の中には人工知能による人の誘導や案内の導入事例が沢山あり、駅やテーマパークといった施設では実用化に成功しています。

人工知能を使った航空機利用者に対する顧客満足度向上の方法について、簡単に解説させていただきました。詳しい話を聞きたい方は、お気軽にお問い合わせください。