今や非接触AIがスタンダード、案内サイネージはタッチレスへ

受付業務は全てAIが対応!非接触操作で感染防止対策

感染症の流行による外出自粛で、かつてないほど大きな損害を受けているホテル業界。
個人消費が大幅に落ち込み、オリンピックを控えていたインバウンド需要は無くなり、ほぼゼロに近い状態になっています。
国内ホテル稼働率も3割を下回るなか、平均客室単価も下降し厳しい状態が続いています。
出典:ホテル稼働率24.6%(日経電子版)

また、数少ない宿泊客が利用する中で、感染症対策によって、従来のサービスも十分に行えないケースが増え、リピーターの存続にも影響が出ています。

感染症の影響が続く中、感染リスクを抑えながら自動化・オンライン化という非接触で宿泊客のサービス品質を保つAIを使った新しいホテルの形が今後重要になってきます。

ローコストオペレーションが出来ずに困っていませんか?
清算やチェックイン・チェックアウトなどのフロント業務を自動化することで、オペレーションコストが軽減できます。

ちなみに弊社のAIサービスであるAIさくらさんでは、フロント業務の自動化に加え、日本語をはじめとした英語・中国語・韓国語・さらにそれ以外の複数の外国語でのお客様対応も可能ですので、訪日外国人を含めた受付の無人化が可能となっています。

人を介さない非接触な受付で感染症対策にも貢献しています。

AIさくらさんはロボット連携も可能で、現在名古屋市にあるプライムツリー赤池で絶賛稼働中です。

感染症対策したくても非接触対応ができずに困っていませんか?
AIさくらさんを利用することで多くの接客業務を無人化、いわゆる非接触化対応ができるため、感染症対策としての効果も期待できます。

受付だけでなく、施設の案内、サービスの問い合わせ、緊急時の誘導など、今まで有人で行ってきた多くの仕事を無人化し、ホテルスタッフと宿泊されるお客様の接触回数をへらすことで両者の安全性を保つことができます。

感染症対策によって接客サービス品質の低下に困っていませんか?
その一方で、感染症対策による無人化・非接触化によって、今までのようなスタッフによるサポートが不十分となり、ホテル宿泊客へのサービス品質の低下につながってはいけません。

AIさくらさんは、有人対応していたサービスを無人化、非接触化することができると同時に、あたかも人のように宿泊客からのお問い合わせに回答したり、設定した時間に合わせてディナー・モーニングコールを行うことができます。

またIoT連携により部屋のエアコンのやお風呂の操作もAIさくらさんに話しかけるだけで簡単にできるため、サービス品質を保ちつつ、人件費の削減にも貢献します。

→関連サービス「非接触さくらさん」はこちら