長年、人材育成・教育業務における人員不足が問題になっています。 理由は、通常業務と並行しての教育により、 十分な教育が受けられない、通常業務が圧迫してしまうといった問題が原因です。 従来の人材育成・教育方針といえば、 人対人のコミュニケーションを行うことが当たり前でした。 ですが、対面での教育のままでは、どれだけ工程を効率化したとしても、 対応中の時間分は拘束されてしまいます。 なかなか減らない勤務時間、増え続ける仕事。 根本的な原因を解決しなければ、業務効率化は望めません。 そんな時、AIさくらさんがあなたの味方になります。

毎年ルーチン化された内容を新人に教えることに時間を割いていませんか?

毎年4月になると入社してくる新人に同じ内容を教える日々… 何年も何人も同じ内容を教えていると、「あれ?これはもう教えたっけ?」と教育状況がわからなくなる時はありませんか? AIさくらさんであれば、教育プログラムを学習させることで、毎年ルーチン化されている業務を自動かすることが可能です。

個別の教育対応に時間を割いていませんか?

新人向けマニュアルが存在していても、直接質問がくることがほとんどですよね。 回答にかける時間は短時間だとしても、「塵も積もれば山となる」のことわざの通り、業務時間を圧迫してしまいます。 個別の教育対応にAIさくらさんを活用することで、個別の質問にかける時間を削減することができます。

教育できる人材不足に困っていませんか?

そもそも人材を教育できる人材がいない… そんなお悩みを解決してくれるのがAIさくらさん。 教育方針のマニュアルをAIさくらさんに学習させることで、社内教育の俗人化やブラックボックス化を防ぐことができます。 また、教育者向けのマニュアルを作成することで、教育者の人材不足を解消できます。