顧客のニーズを可視化する上で重要なVOC(Voice of the Customer)。 コールセンターの一般的なVOCの取得方法といえば、 オペレーターが受電内容を録音する、メモ情報を残すなど、 対応方法によって蓄積形式も品質もまちまちになっていました。 効率よく品質高の高いVOCデータを抽出するためにはどうすればよいのか。 そのカギは音声認識にあります。 顧客の会話を音声認識させることで、 リアルなやり取りがそのままデータとして残ります。 また、音声認識を行うことで、文字起こしにかけていた時間がほぼゼロに。 業務改善・効率化の実現が可能になります。

VOCの抽出に時間がかかっていませんか?

質の高いVOCを抽出するには時間が必要。 そんな常識を覆してくれるのがAIさくらさんです。 さくらさんであれば、お客様の受け答えに加え、カスタマーの声をその場で文字起こし。 データはいつでも24時間365日確認可能なため、時間をかけずに即時にVOCの抽出を行うことで、業務効率化に貢献してくれます。

音声データの文字起こしに時間を割かれていませんか?

お客様からの受電内容をメモした後に、内容を肉付けして文字起こし。 対応する人によって内容や質もまちまち…。 結果、せっかく文字起こしをしたけど有用なデータがそこまで取れなかった。 そんな問題を解決してくれるのがAIさくらさんです。 AIさくらさんであれば、お客様の受け答えに加え、カスタマーの声をその場で文字起こししてくれます。 オペレーターが時間を割いて文字起こしをする必要がなくなるため、 本来のお問い合わせ業務に集中して対応することが可能です。

品質の高いVOCをお求めではないですか?

品質の高いVOC。 理想形はお客様の一言一句までを逃さずデータとして蓄積できるといいですよね。 ですが、現在は人がデータを残すことで、担当者の主観によってお客様の声がデータとして反映されたり、 ボリュームの大小が発生しているのが現状です。 AIさくらさんであれば、一律でお客様の対応をさくらさんが行い、 カスタマーの声をその場で文字起こししてくれるので、リアルで品質の高いVOCを蓄積することが可能になります。