昨今、地震をはじめとした大雨や竜巻などの自然災害が頻発し、感染症に関する情報が錯綜する中で、官公庁・自治体は的確な案内・情報発信が求められています。 しかし、緊急時となると膨大な情報の中から、正確な情報を選び、事実をいかに迅速に伝えられるかが課題になってきます。

また、現場や窓口業務に寄せられる問い合わせ、昨今では災害時の外国語の案内も重要視されています。 迅速かつ的確に情報をまとめて発信するのは、人力では限界がありますが、AIを使うことでそれらを実現することができます。 AIを使えば、膨大な情報の中から求められる必要な情報を抽出し、オンラインで全国に迅速に発信することが可能です。また、多言語にも対応しているので、必要以上に人材を用意せず、AIで全部代行ことができます。

緊急時の案内・誘導の人手が足りていますか?

昨今、頻発する地震をはじめとした大雨や竜巻などの自然災害、テロや無差別殺傷事件などの、突発的な事象が発生した際のアナウンスが後手に回りがちです。人手不足によって情報整理や案内・誘導対応の準備に時間がかかってしまう業務は、AIさくらさんが代わりに対応することで解決できます。 膨大な情報の整理、その情報を元にした案内・誘導まで一貫してAIさくらさんで対応することができ、現場までの情報伝達を迅速に行うことができます。

現場・窓口業務での外国語対応に困っていませんか?

インバウンド需要が以前より下がったといっても、外国語による案内対応できる人材は常に不足しています。オリンピックも控え、今後また訪日外国人が増えててくる事が見込める中で、人材不足によって適切が案内ができずに業務に支障をきたしてしまうことが懸念されます。AIさくらさんによる外国語の問い合わせ対応が自動化できれば、窓口でも、現場でも、英語・中国語・韓国語を初め、各種言語でスムーズに案内することができます。

感染症対策で観光地の対応に困っていませんか?

観光地の多くは、感染症による影響で半ば強制的に無人化しているところが多くあります。しかし、有人対応ができないことで、問い合わせが増え、業務に支障が出ているところも増えています。ただ、無人にするのではなく、今まで有人で対応していたところはAIで自動応対することで、問い合わせ・案内業務の負担を軽減できます。また、AIを使った無人対応であれば、感染防止の観点からも安全に接客業務を実現することができます。