SEOやリスティングで流入数を増やし、訪問数・UU数を増やす事には成功したけれど、思うようにコンバージョン率が上がらない、会員数が増えない。そんな声をよく耳にします。

会員化したユーザーや、メールアドレスなど何かしらの個人情報が取得できたユーザーにはアプローチの手段はありますが、個人をまったく特定できない、匿名ユーザー=「アンノウンユーザー」には何をすれば良いのでしょうか。

??アンノウンユーザーとは、メールアドレスや会員情報など、個人を特定できる情報を持たない、いわゆる匿名のユーザー(unknown)ユーザーのことである。アンノウンユーザーのWebサイト閲覧時の行動履歴を可視化し、適切なアプローチをすることで見込み顧客へとナーチャリングしていくマーケティング手法のことを「アンノウンマーケティング」という。??

chimi_unknown01.png

全体の98%とも言われるアンノウンユーザーの割合

個人を特定できないユーザー=アンノウンユーザーのWebサイト内を占める割合は、実に98%とも言われています。

今までも、「離脱率を下げないような導線設計に」「検索ワード(ニーズ)の受け皿となるコンテンツの作成」など、一度訪問したユーザーを手放さないようにする手法は沢山ありましたが、検索ワードや閲覧ページなど単一の情報に対して固定の情報を提供するのみの場合、必ずしもニーズにマッチしたものではない可能性が高いのも事実です。

そこで登場したのがOne to Oneマーケティングの自動化を可能にしたマーケティングオートメーション(MA)です。
しかし、MAはWeb会員やメールアドレスなど、何かしらの個人情報を取得したユーザーに対してのみ可能な施策です。

つまり、Webサイト内で2%のユーザーにしか効果は得られないのです。

では、残りの98%のアンノウンユーザーは諦めなければいけないのでしょうか。

アンノウンマーケティングによるリード獲得手法

近年「アンノウンマーケティング」という新たなマーケティングが台頭してきました。
今まで難しいとされてきた、匿名ユーザーに対するOne to Oneマーケティングを可能にした手法です。

ユーザー数を増やすだけが重要なのではない。匿名ユーザーをナーチャリングする事で成果に繋がる

ユーザー数を増やす事も大事ですが、大切なのは、「潜在ニーズのあるユーザーを育てていくこと」です。

リスティングやリマーケティングといった、固定化された情報の発信ではなく、ユーザーごとにユニークな情報を提供することができるアンノウンマーケティング。
今後、更なる発展に期待します!

関連するサービス