思い出を大きく変えるAI【サイネージ×AI】

久々に親戚一同集まっての観光旅行を企画。
当日は目的地に現地集合。 集まり始めた皆の元気そうな姿に安心する。

でも、1年ぶりに顔を合わせる皆はなんだか距離感があるような…。
甥と姪はスマホをみて、画面に夢中、顔も良く見えないから何を考えているかもわからない…。
息子は久しぶりに会う親戚に人見知りしてしまっているようだ。
頻繁に会っていた時はこんなことなかったのにな…。 親戚の子供たちの成長にはかなさを感じる。

目的地を決めるための会話もなんだか進まない中。

「あそこ、何かあるよ」
息子に声をかけられて振り替えった先には一台の機械。
この駅ではAIが観光案内しているらしい。

「こんにちは!」
息子が声をかける。
「こんにちは、どこに行きたいですか?」
AIのキャラクターが返してくれる。

「この子、AIさくらさんっていうらしいです。SNSで見ました。ここの観光大使らしいです。」
すると、甥がAIに観光の名所を聞いてくれる。
「このさくらさんが教えてくれた場所、さっき調べていた時に評判良かったんだ。」
姪はずっとここの名所についてスマホで調べていてくれたらしい。
二人とも気恥ずかしくて話に参加できなかったそうだ。

その後は、AIに教えてもらったおススメの名所を旅し、皆で笑いながら旅を楽しむことが出来た。
帰り際、楽しい旅の思い出となるきっかけを与えてくれた機械にそっと手を振ってこうつぶやいた。
「ありがとう、さくらさん」

【デジタルサイネージ×AIさくらさん】