テーマパークの問題点を人工知能(AI)が解決

都内の人口は年々増加している傾向にあります。
それに伴い、都内のテーマパークの混雑状況も増加しています。さらにテーマパークとなると地方からやってくる人も多いため人口密度がかなり高くなります。
人が多く混雑した状況だと、自ずとトラブルも多く発生しがちです。

しかし、それらのトラブルを人工知能(AI)によって解決することが出来るのです!
今回は、そんなトラブルの解決方法をご紹介いたします。

混雑時に起きるトラブルとは

テーマパークの混雑時に起きる問題は、主に以下の3点になります。

・迷子が多くなる
・落とし物、忘れ物の多発
・アトラクションの待機時間が長くなる

1 迷子が多くなる

テーマパークは家族連れも多いため、混雑時に親子がはぐれてしまうことが多々あります。
また、迷った子供が自力で迷子センターに向かうこともなかなかに困難です。そのため、親子が合流するまでにかなりの時間が必要となります。

2 落とし物、忘れ物の多発

混雑時には、人とぶつかったり、落としてしまった後に人が多いため落とし物を見失ってしまうことが多くあります。

3 アトラクションの待機時間

テーマパークでは、混雑時にはアトラクションの待機時間が自ずと伸びてしまうため、子供が泣いてしまったり、体力的に疲れてしまう方が多くいます。
しかし、これらの問題はIoT連携した人工知能(AI)によって簡単に解決出来ます!

人工知能(AI)が混雑時のトラブルを解消

弊社が提供している「AIさくらさん」は、IoT連携にも対応しているため先ほど挙げた問題点をすべて解決することが出来ます!
AIさくらさんは、カメラと連携することで人の表情を認識することが出来ます。これにより、一人で悲しそうに歩いている子供を迷子と判別することが出来ます。

また、迷子の子供を発見し、迷子センターへ連絡をしたり、AIさくらさんが自身で迷子に対して声をかけ、子供に安心感を与えることも可能です。
これにより、迅速な子供の保護に繋がります。
落とし物・忘れ物に関しましてもAIさくらさんが活躍します。カメラによって誰も拾わない荷物を認識し、落とし物と判別することが出来ます。カメラで落とし物を発見した時刻の記録も可能で、さくらさんが、周辺の人に声をかけ、落とし物を拾ってもらい、さくらさんに渡してもらうことで持ち主が現れるまで安全に管理することが出来るのです。

アトラクションで待機している間も、AIさくらさんがアトラクションの説明や雑談に付き合い、待機中の暇な時間を楽しい時間に変えてくれます!

人工知能(AI)によりテーマパークをさらに快適に

テーマパークは、楽しむ場所だからこそ不満や心配事なども際立ってしまいがちです。

楽しみに来たはずなのに一緒にいる方と空気が悪くなってしまったり、子供の期限が悪くなったりして、途中から楽しめなくなってしまこともあります。また、迷子や落とし物探しに時間をとられ、アトラクションを十分に楽しめないことも多くあります。

しかし、人工知能(AI)を導入することでテーマパークの不満点が解決でき、たとえ問題が起きたとしても迅速に対応することができるため、誰でも純粋に楽しめる場所になるのです。

快適に過ごせるテーマパークづくりのために、人工知能(AI)を導入してみませんか?