近年世界各国で、支払いのキャッシュレス化が進んでいます。

キャッシュレス決済の比率がアメリカでは40%、中国・韓国では50%ほどを占めている中、日本ではまだ20%ほど

そのため、キャッシュレス・ビジョンを掲げ、キャッシュレス化を推進しています。

ワンオペや低賃金などが問題になる飲食業界も例にもれず、キャッシュレス化の影響が出ています。

東京都のファミリーレストランなどでは、キャッシュレスの導入が進んでおり、
スマートフォンで注文から支払いまで行える取り組みも進んでいるようです。
参考サイト:https://www.asahi.com/articles/ASL9G4JJ8L9GULFA01P.html

日々進化していく支払い方法のこれからについてご提案いたします。

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、現金を使わずに支払う方法のことです。
日本では、クレジットカードやプリペイドカード、交通系ICカードなどが普及しています。
最近登場したQR決済など、多種多様な決済方法が続々と登場しています。

キャッシュレス化の現状と問題

キャッシュレスでの支払いは、利用者のリテラシーが上がらないとうまく活用できません。
例えば、ターゲットユーザーが年配の方や若年層で、そういった機器を知らない・使えない人がたくさんいるとキャッシュレス化・自動化を導入するのは難しいでしょう。

では、ターゲットユーザーや企業の形態に合わせて、キャッシュレス化・自動化を進めるためには、
どうすればよいのでしょうか?人を増やして利用してもらえるように説明?それでは手間を削減するために導入した意味がありません…

そこで、説明する人の代わりに、人工知能(AI)を活用してみませんか?

飲食業界のキャッシュレス決済を人工知能(AI)が手助け?

ここで、人工知能の例として、弊社の「AIさくらさん」を例にご説明いたします。
さくらさんは、人工知能を使ったFAQの対話型ソリューションです。
例えば、コールセンターにお問合せするような内容(金額の詳細、お店までの行き方、予約方法がわからない…etc)を人の代わりに対応してくれます。

音声入力もできるので新しいシステムに関する使い方・操作説明などを紙のマニュアルではなく、
スタッフに訊くのと同じように、対話形式で解決することができます。

また、AIさくらさんは様々なシステムと連携出来るので、
お店に入る前の席の案内用のさくらさん、席について商品を注文するためのさくらさん、注文された商品を厨房へ伝えるためのさくらさん…と色々なところに導入すれば、もはやホールに人は必要ありません!

AIさくらさんはPCやスマートフォン、タブレット、電話などなど…様々なデバイスに導入することが出来ます。
そのため現在の業務フローを変える必要がなく、現在働いている人の代わりに導入することができます!

まとめ

人手不足が深刻化している東京都では、手間を減らすためにキャッシュレス化がどんどん進んでいます。
飲食業界の人手不足は国を挙げた問題ですので、AIを導入してスタッフの負担軽減・人件費削減を実現してみてはいかがでしょうか?