飲食業界の抱える大きな問題として「人手不足」があります。
帝国データバンクの調べによると、飲食店の80.5%が人手不足の問題を抱えていることが分かりました。
人手不足が原因で、少ない従業員での長時間労働が続き、離職者が増えてまた人手不足になる…という負のサイクルが慢性化しているようです。
働き方改革も迫る中、一刻も早い問題解決のために改めて注目されているのが、飲食店の現場への人工知能(AI)の活用です。

  • 1)人工知能(AI)がスタッフを教育!
  • 2)ホールで人工知能(AI)が接客対応!外国語もOK
  • 3)人工知能(AI)を使い、働き方改革を支援!

1)人工知能(AI)がスタッフを教育!

飲食業界はハードワークが原因となる人材の入れ替わりが激しいため、スタッフが入れ替わる度に教育にも時間を使い、それだけでも従業員の業務負荷をアップさせています。
その問題を解決する一つの手段として、教育に弊社の人工知能(AI)接客システムAIさくらさんを取り組み、活用するという方法があります。
飲食店では、アルバイトや契約社員でスタッフが構成されていることが多いため、長年にわたって同じ人が現場にいるということが稀です。
そのため、スタッフが入れ替わることに同じ説明を何回もしないといけません。
更に、繰り返し教えないと理解できないということは当たり前で、教える側がストレスを抱えてしまったり、
教わる側も同じ内容を何度も聞きづらく、なかなか覚えられずに自信を無くしてしまったり、という問題もあるそうです。
基本的な教育内容をAIさくらさんに1度覚えさせておけば、2度と忘れることはありません。
教える側が何回も同じ説明を改めてする必要もなくなりますし、教わる側も仕事で困った時にAIさくらさんに話しかければ解決するため、
気軽に問題を解決することができます。

2)ホールで人工知能(AI)が接客対応!外国語もOK

もう1つの人手不足の解決の方法として上げられるのは、AIさくらさんが接客を行うという方法です。
例えば居酒屋などのホールスタッフの場合、オーダーの受付や料理のサーブ以外にも、お客様個別の要望に応える必要があり、企業の作ったマニュアルにはない対応をする必要があります。
外国人のお客様が来ても、専門のスタッフがいない場合、不慣れなアルバイトが片言でコミュニケーションをしなくてはいけません。
人工知能AIさくらさんでこのようなホールスタッフ業務ができるようになれば、スタッフの業務負荷軽減になりますし、4ヶ国語に対応しているため、外国人への接客も困りません。
また、AIさくらさんは他のサービスと連携することができるため、自走式ロボットと連携すれば飲み物や料理を運ぶことができます。
カメラと連携すればお客様の料理や飲み物がなくなった時に「料理や飲み物はいかがですか?」と注文を促すこともできます。
上記の業務をAIが担うことで、ホールスタッフは人にしかできない業務のみ取り組み、集中すればよくなります。
負担が大幅に軽減されるため、長時間労働や連続勤務など労働環境の問題やワークバランスが改善されます。

3)人工知能(AI)を使い、働き方改革を支援!

国が働き方改革を推進する中、それでも企業側はおいそれと業務量を減らしたり、休暇を増やすことはできません。
また、1人当たりの業務量を減らしたり、休暇を増やすためには、スタッフの総数を増やすという方法もありますが、
追加人員が戦力になるまでには既に話したように改めて教育が必要になってくるため、時間がかかります。
そんな時は、人工知能(AI)を導入して、雑務や人がやらなくてよい仕事を任せることで、
限られた貴重な人員をゆっくり休ませたり、更に重要度の高い仕事を任せることができるようになります。
例えば、予約の受付やマニュアルの共有などは、AIさくらさんがおこなえる仕事です。
AIさくらさんがおこなえない調理や苦情処理など、人間の頭や心を使う必要のある仕事に取り組み、
他の作業をAIさくらさんに任せることで業務負荷が減りますし、休みも取りやすくなります。

人手不足が嘆かれる飲食業界でも、AIさくらさんが仕事を担っていくことによってその問題を解決してくれるでしょう。
働き方改革を行い、仕事も余暇も楽しめる、そんなワークライフバランスを推進する企業を目指しましょう。